スタッフ紹介

こころの発達支援室では、医師・看護師・作業療法士・臨床心理士など、様々な職種のスタッフがチームとなって検査や支援に従事して参ります。様々な分野の専門家が力を合わせることで、ご来院いただいた方々にとって適切な検査・支援を多角的に考え、お悩みの改善に向けてしっかりとサポートして参ります。

スタッフプロフィール

Kawasaki Masako

河崎 雅子

看護師

kawasaki

今年度より訪問看護を通じて、地域の親子の皆さまと関わらせていただいております。私自身もまだまだ子育ては未熟である中、保護者の皆様より学ぶ事が多く、大変ありがたく感じております。医師や心理士らと連携し、お子様の良い所を認めて自信につながるような関わりを目指します。また、保護者様の子育て中の悩みなどを一緒に考える事が出来ればと思います。

看護学校卒業後に身体科病棟勤務を得て、2010年より成仁病院にて勤務。2017年より当支援室の訪問看護担当。

Hiromasa Otowa

音羽 弘将

作業療法士

kawasaki

お子さんの手先の不器用さ、運動全般のぎこちなさ等を感じたことはありませんか。そのため運動全般に苦手意識を感じているお子さんもたくさんいらっしゃると思います。中々ご家庭、学校の中では解決できないような悩みかと思います。そのようなお子さんと一緒に体を動かしながら良い点を見つけ、悩んでいる点を克服できるようにアドバイスやお手伝いをしていけたらと思います。まずは”うまくできた!””楽しくできた”といった体験を一緒に行っていけたらと思います。

首都大学東京健康福祉学部作業療法学科卒業。学生時代から発達支援施設で臨床経験を積む。子どもの体や手先の使い方など身体面全般の支援を実施。

サポートスタッフ

オンリーワン所属の臨床心理士・心理士です。

Kanako Ogura

小倉 加奈子

臨床心理士

これまで、児童福祉、医療の現場で心の支援、生活の支援に携わって参りました。お友だちとの関わり方や学習、生活習慣など、それぞれのテーマにじっくり取り組むことで、お子さんのことをより深く理解するきっかけとなり、その子に合った工夫や関わり方が見えてきます。一緒に悩んだり、頭をひねったりした経験が “できた!” という笑顔につながる瞬間が好きです。お子さんが笑顔でのびのびと力を発揮していかれるよう、お手伝いしていきます。

東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース修士課程修了後、同博士課程に所属しながら、こども療育、保健所、児童精神科で臨床心理士として勤務。専門は就学前から中学生までのこどもとその家族を対象とした認知行動療法および生活支援。

Sakai Takaoki

堺 高興

心理士

sakai

子どもから大人のカウンセリングや検査を担当しています。カウンセリングでは、それぞれが抱えている悩みや困難について、現在の状況や生活歴を整理しつつお話を伺い、どうすれば少しでも心が楽になるかを一緒に考えていきます。検査では、それぞれの得意なところや特徴を掴み、その人が今後より良い生き方をするにはどうするかを考え、支援して参ります。支援では、心理士だけでなく、医師や作業療法士など様々な専門職との連携を重視しています。

帝京平成大学大学院臨床心理学研究科臨床心理学専攻専門職学位過程修了。病院やメンタルクリニック、小学校で臨床経験を積み、子供のプレイセラピーから大人までカウンセリング訓練を受けた後、現職。

Yuta Ibushi

飯伏 勇太

臨床心理士

ibushi2

これまで、主にご家族からの相談を受ける中で、お子様とご家族がより過ごしやすくしていくためにどのようなことができるか考えて参りました。また一時保護所では、様々な理由でご家庭にいることができないお子様とお話しする中で、お子様や保護者の方の生活や困難さに触れ、心の支援の重要性を実感してきました。ひとりひとりが自分らしい生活を過ごしていくために、一緒に考え、お手伝いしていきます。

東京国際大学大学院臨床心理学研究科博士課程前期終了。同大学院在籍中、児童相談所一時保護所にて勤務。その後、児童相談所で子ども・家族支援に従事。

Natsuki Hida

飛田 菜月

心理士

ibushi2

これまで医療、教育の現場で、主に発達障害を抱える児童の心の支援を行ってきました。子どもの特性は様々で、物事の考え方や捉え方、周りへの関わり方など、一人一人異なってきます。まずはその子の目線に立って、その子がどういう視点で考えているのか、行動しているのかを理解することに努めることで、その子に合った支援方法を見出すことにつながります。どんな些細なことでも、その子にとっては大きな成長である瞬間がありますので、日々それを見落とさないよう、支援に取り組んでいます。これからも、子どもたちが“できた”“やった”と達成感を感じて、自分に対する自信を持てるようにお手伝いして参ります。

東京家政大学大学院人間生活学総合研究科臨床心理学専攻修了。心療内科や精神科デイケア、小学校等で臨床経験を積み、現職。在学中から現在まで主に発達障害を抱える子どもへの支援を専門に学ぶ。

Masafumi Mori

森 匡史

臨床心理士

kawasaki

これまで学校という子どもたちの生活の場ので、心の支援や生活支援に携わってきました。前職の経験から、子どもたちにとってより良い支援を行うためには、支える大人たちに対してもしっかりとしたサポートが必要なのではないか感じています。そのため子どもへの支援だけでなく、子どもに関わる保護者や職員にとってもプラスになる支援を考えて行きたいと思っています。

東京国際大学大学院臨床心理学研究科博士課程前期修了。同大学院在籍中、総合病院精神科での実習を経験。その後、東京都内の小学校、中学校、定時制高等学校でスクールカウンセラーとして勤務。