お子さんから成人の方まで
「自分ノート」に基づく医療・福祉・心理支援

発達の専門家が、あなただけの/お子さんだけの
個性を見出すお手伝いをします

ご自身のお子さんについて、あるいは自分自身について、「なぜか こだわりが強くて周りとなじめない」「なぜか他人とのコミュニケーション が苦手」など、お悩みになることはありませんでしょうか。

こころの発達支援室では、そのようなお悩みを抱えた方/お子さんの特徴 を知り、その特徴を活かしていくためのお手伝いをいたします。 「なぜか」で終わらせない。その子/その人の苦手さの理由を専門的に 分析し、同時に「得意」を活かす方法も一緒に見つけていきます。

発達に関するご相談、幅広くお受けします

こころの発達支援室では、お子さん、あるいはご自身の特徴を知るための心理検査・発達検査に加え、お悩みの内容に応じた様々なサービスもご提供いたします

※検査を行わず、サービスのみご利用いただくことも可能です

例えば、
「うちの子の得意なこと/苦手なことは何だろう?」→心理検査・発達検査
「来年から小学校、ちゃんとなじめるか心配!」→児童発達支援
「仕事で失敗してつらい。悩みを聴いてもらいたい……」→カウンセリング

と、お悩みの内容に応じて幅広いサポートを実施して参ります。

検査と支援そして、訪問・在宅支援も

「自分は○○が得意だから、○○を頑張ればいいんだ!」 「この子は□□をすれば、毎日を楽しく過ごせるんだ!」 そうやって、自分自身やお子さんの特徴を理解することは、より充実した生活を送る ことに繋がります。こころの発達支援室では、そのための各種検査を実施しています。

3泊の検査入院を通して、お一人お一人の特徴をまとめたレポート=「自分ノート」 を作成いたします。そして、その「自分ノート」に基づいた、様々な個別支援を実施い たします。また、心身の不調などによってご来院が困難な方には、臨床心理士・医師・ 看護師による訪問支援も承ります。

お申し込みから支援まで

利用の流れ詳細

3歳の健診で「発達がゆっくりなので一度検査を」と言わ れて受診。かんしゃくが悩み。

ことばやコミュニケーション、運動等の発達を細かくみる 検査を行い、①今の発達の様子 ②効果的な支援の見立て、③お家での支援のやり方等に ついて「自分ノート」を作成しました。

Kくんの支援

小グループでの療育、1対1のことばの 練習、お家でのリラックス方法 関わり方について家庭訪問によるアドバイス

クラスで、好きな電車の話をしてもみんな聞いてくれず なんだか学校に行きづらい。 勉強は得意だけれど友だち作りは苦手。

ものごとの考え方や人との関わり方の特徴をみる検査を 行い、①得意な部分と苦手な部分②効果的なコミュニケー ションの練習法③Mくんがやる気を出せる環境作り等に ついて「自分ノート」を作成しました。

Mくんの支援

訪問カウンセリングによる心のケア、放課後等 デイサービスでの友だち作りとコミュニケーションの練習